今週の明るい彗星 (2003年2月8日:北半球版)

English version
Home page
Updated on February 8, 2003
先週 南半球版 来週

最適時刻と方位・高度は、北緯35度の地点での値です。

---------------------------------------------------------------------

* C/2002 V1 ( NEAT )


発見以来、およそ2ヵ月の間、急激に増光したが、現在は緩やかな増光になっている。2月上旬まで夕空で観測可能。2月18日に太陽に0.1AUまで接近する。今後、日本からは観測できなくなるが、南半球では3月に夕空に4等で現れる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  22 34.21    4 44.1   0.953   0.443    26    3.9     73.0 245.7  19:00 ( 91,  7)  
Feb. 15  21 56.89   -1 38.5   0.969   0.194    11    0.9    138.5 222.6  19:06 ( 96,-12)  

* C/2002 X5 ( Kudo-Fujikawa )


6等までしか明るくならないまま、太陽に近づいて見えなくなった。SOHOの画像では、近日点通過後に増光し、二股に分かれた尾が見えていた。南半球では、低空で5.5等前後で観測され始めている。日本からは、3月に夕空に7等で現れ、次第に減光していく。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  22  0.78  -37 32.6   0.986   0.405    23    5.2    145.2 119.0  19:00 ( 58,-22)  
Feb. 15  23 28.41  -42 54.7   0.890   0.595    36    5.7    155.4  98.2  19:06 ( 48,-16)  

* C/2002 Y1 ( Juels-Holvorcem )


1月に急増光し、すでに8等に達している。大きく広がった拡散状。3月から4月にかけて6.5等に達するが、4月下旬には南下して見えなくなる。南半球では5月まで見えなくなる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  16 16.94   51 34.9   0.927   1.400    94    8.3    117.7  52.1   5:27 (219, 66)  
Feb. 15  17 44.14   58 33.4   0.893   1.300    87    7.9    123.7  68.4   5:21 (216, 55)  

* C/2001 RX14 ( LINEAR )


春まで長期間に渡って条件良く観測できる。集光が強く見やすい。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  12  5.33   43 24.2   1.248   2.072   135   10.5     11.4 231.1   2:55 (180, 82)  
Feb. 15  11 58.64   42 25.9   1.229   2.083   139   10.5     15.3 231.6   2:21 (180, 83)  

* 154P/2002 Q4 ( Brewington )


12月末には、眼視と写真で約12.5等と、急に明るくなった。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  23 42.71    7 19.1   2.204   1.595    40   12.1     44.2  59.2  19:00 ( 83, 23)  
Feb. 15   0  0.81    9 56.9   2.229   1.591    39   12.1     44.8  59.8  19:06 ( 88, 21)  

* C/2001 HT50 ( LINEAR-NEAT )


2003年の初めと、2003年の秋に、11〜12等の明るさで、条件良く観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   7 16.48   -0 34.3   2.330   3.186   144   12.2     42.8 286.4  22:02 (  0, 55)  
Feb. 15   6 58.04    0 51.5   2.375   3.153   135   12.2     39.7 288.1  21:16 (  0, 56)  

* 22P/Kopff


観測不可能。6月に明け方の空に15.5等で現れ、その後は減光していく。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  21 23.27  -16 13.5   2.672   1.686     1   12.2     42.9  74.3   5:27 (277,-18)  
Feb. 15  21 43.02  -14 49.5   2.696   1.710     2   12.3     42.1  73.1   5:21 (276,-17)  

* 28P/Neujmin 1


昨年の7月以来観測が無かったが、大島雄二氏の観測では、2月3日に14.4等と、明るくなっているのが捉えられた。しかし、まもなく低くなり、観測不可能になる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  23  3.30   -3 27.5   2.452   1.635    26   13.5     46.3  60.2  19:00 ( 80,  9)  
Feb. 15  23 21.87   -0 47.4   2.502   1.663    25   13.6     45.4  60.0  19:06 ( 84,  7)  

* C/2002 Q5 ( LINEAR )


1月上旬に12.5等と明るく観測された。2月初めでも、まだ12.5等を保っているようだ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15 13.57  -28 31.9   1.509   1.732    85   13.7     43.1 245.0   5:27 (351, 26)  
Feb. 15  14 49.57  -30 36.7   1.399   1.802    96   13.8     53.5 251.0   5:12 (  0, 24)  

* 65P/Gunn


4月から8月にかけて、長期に渡って12.5等で見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  17  8.54  -21 13.4   2.842   2.512    60   13.9     24.9 100.4   5:27 (322, 23)  
Feb. 15  17 20.67  -21 43.1   2.755   2.503    64   13.8     24.2  99.7   5:21 (324, 24)  

* 29P/Schwassmann-Wachmann 1


観測不可能。4〜5月頃に、再び観測可能となる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  21 38.89  -12 26.5   6.758   5.775     4   13.9     12.5  68.4  19:00 ( 84,-14)  
Feb. 15  21 44.44  -11 53.9   6.761   5.774     2   13.9     12.5  68.0   5:21 (274,-16)  

* 30P/Reinmuth 1


予想より明るく、CCDで14等に達している。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  11 32.86   12 28.2   1.008   1.921   148   14.0      8.9   0.5   2:23 (  0, 67)  
Feb. 15  11 32.17   13 32.7   0.991   1.934   155   14.0      9.9 343.1   1:55 (  0, 68)  

* 116P/Wild 4


11等に達すると言われていたが、今回帰は増光が鈍く、いまだに14.5等。春でも13等止まりか。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15  1.21  -17  6.3   1.919   2.173    91   14.1     21.2 110.4   5:27 (353, 38)  
Feb. 15  15 10.53  -17 56.0   1.844   2.177    95   14.0     19.4 110.5   5:21 (357, 37)  

* C/2001 K5 ( LINEAR )


今後、秋までずっと、14〜15等で条件良く見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  18 24.21   27 32.3   5.666   5.262    61   14.1     15.9  47.3   5:27 (262, 42)  
Feb. 15  18 30.26   28 50.3   5.625   5.271    64   14.1     16.0  44.0   5:21 (263, 45)  

* C/2002 X1 ( LINEAR )


2003年末まで14〜15等を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   7 51.91   29 18.3   2.070   2.990   154   14.3     48.6 272.7  22:36 (  0, 84)  
Feb. 15   7 26.65   29 21.2   2.105   2.950   142   14.3     45.4 268.8  21:44 (  0, 84)  

* C/2002 O7 ( LINEAR )


秋には7等に達する。日本からは、7月に10等になるまで見えた後、12月に9等で再び現れるまで、観測不可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15 51.87   29 55.1   3.236   3.413    91   14.9      7.8  13.2   5:27 (283, 74)  
Feb. 15  15 52.29   30 53.4   3.073   3.334    96   14.7      9.0 358.1   5:21 (287, 78)  

* C/2001 Q4 ( NEAT )


2004年春に1等級に達する。日本からは、2月まで夕空低空に見えた後は、2004年春まで観測不可能となる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   1 50.46  -37  6.4   6.169   5.776    62   15.1      5.9  24.0  19:00 ( 28, 11)  
Feb. 15   1 52.14  -36 29.1   6.168   5.711    58   15.0      6.3  32.6  19:06 ( 34,  8)  

* 155P/2002 R2 ( Shoemaker 3 )


今後、4月に18等以下になるまで、条件良く観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   9 49.44   22 42.6   0.929   1.909   170   15.3      7.3 324.9   0:40 (  0, 78)  
Feb. 15   9 47.27   23 19.7   0.954   1.934   169   15.5      6.2 317.4   0:10 (  0, 78)  

* C/2001 N2 ( LINEAR )


春まで15等を保つが、日本からはやや高度が低い。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15 17.61  -32 13.1   3.170   3.210    83   15.3     16.2 227.6   5:27 (351, 22)  
Feb. 15  15 10.05  -33 29.3   3.071   3.250    91   15.3     18.7 234.6   5:21 (358, 21)  

* 81P/Wild 2


9月以降、かなり急激に増光し、11月末には15等に達した。その後は逆に、2ヵ月間、15.5等で停滞している。春までしか見えず、近日点通過の頃は見えない。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   3 53.01   17  5.1   2.226   2.601   100   15.3      6.3  63.2  19:00 ( 15, 72)  
Feb. 15   3 56.40   17 26.5   2.281   2.560    94   15.3      8.9  68.2  19:06 ( 36, 69)  

* C/2000 SV74 ( LINEAR )


近日点通過後は、やや暗くなった。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15  7.72   41 57.7   4.030   4.362   103   15.3      5.9 320.2   5:27 (218, 81)  
Feb. 15  15  4.76   42 30.2   4.001   4.398   107   15.4      7.3 310.0   5:21 (187, 82)  

* 67P/Churyumov-Gerasimenko


今後、5月に18等以下になるまで、ずっと条件良く観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  11 53.98   12 41.2   1.400   2.272   143   15.4     13.4 298.9   2:44 (  0, 68)  
Feb. 15  11 47.73   13 27.2   1.405   2.324   151   15.5     15.7 294.9   2:10 (  0, 68)  

* C/2002 U2 ( LINEAR )


増光が鈍く、10月末からずっと15.5等前後。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  17  1.09   21 25.0   1.219   1.345    74   15.6     20.0 185.5   5:27 (284, 56)  
Feb. 15  16 59.28   19  7.2   1.192   1.394    78   15.6     20.3 195.7   5:21 (293, 59)  

* C/2002 T7 ( LINEAR )


2004年春に南天で1等級に達すると期待されている。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   4 33.86   27 37.0   5.375   5.818   112   15.8      7.2 259.1  19:21 (  0, 83)  
Feb. 15   4 30.48   27 27.8   5.428   5.751   104   15.8      5.8 257.7  19:06 ( 26, 82)  

* 53P/Van Biesbroeck


春から夏にかけて、14等で見える。2002年6月以降の観測がなく、現在の光度は不明。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  15 35.44  -12 54.5   3.023   3.083    84   16.0     15.7  95.5   5:27 (342, 40)  
Feb. 15  15 42.67  -13  2.9   2.897   3.051    89   15.8     14.6  93.6   5:21 (346, 41)  

* C/1999 U4 ( Catalina-Skiff )


6月まで16等を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  13 31.05   36 53.0   5.499   6.075   121   15.9      4.2 315.4   4:21 (180, 88)  
Feb. 15  13 29.01   37 13.3   5.471   6.105   126   15.9      4.9 304.8   3:51 (180, 88)  

* C/2002 R3 ( LONEOS )


2003年末まで、16〜17等で見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   1  4.46   13 57.7   4.395   4.022    61   16.6      3.0 270.8  19:00 ( 76, 43)  
Feb. 15   1  3.36   14  0.1   4.499   4.005    54   16.6      1.8 291.2  19:06 ( 82, 36)  

* P/2002 T5 ( LINEAR )


この冬と、来年の冬に、16.5等で観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   4  5.91   -6  7.0   3.753   4.014    98   16.9     10.8  20.9  19:00 (  3, 49)  
Feb. 15   4  8.09   -4 56.5   3.837   4.007    92   16.9     11.5  28.3  19:06 ( 15, 49)  

* D/1978 C2 ( Tritton )


計算上は2月に夕空で17等に達するが、予報通りには観測されないだろう。2002年秋には、夕方に南中して、18等に達していたはずが、検出されなかったため、予報よりも暗いと思われる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   1 45.09   16 47.7   1.421   1.454    71   17.0     42.9  75.2  19:00 ( 70, 53)  
Feb. 15   2  5.84   18  3.2   1.446   1.442    69   17.0     44.6  76.1  19:06 ( 75, 51)  

* C/2002 A3 ( LINEAR )


4月まで17等を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   9 23.68   17 21.3   4.611   5.597   177   17.1      9.7 322.1   0:14 (  0, 72)  
Feb. 15   9 20.77   18 14.4   4.640   5.617   170   17.1      9.5 322.1  23:39 (  0, 73)  

* C/2002 J5 ( LINEAR )


遠方にいるため、2004年夏まで、ずっと17等を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8  19  2.94   17 28.4   6.563   5.946    47   17.3      8.5  28.8   5:27 (268, 29)  
Feb. 15  19  4.82   18 23.1   6.493   5.933    51   17.3      8.9  23.4   5:21 (270, 34)  

* 90P/Gehrels 1


近日点通過後も減光せず、しばらく16等を保っていた。現在は減光に転じている。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   4 54.52   33 58.5   2.808   3.370   116   17.6      4.6 119.0  19:42 (  0, 89)  
Feb. 15   4 57.30   33 43.6   2.918   3.393   110   17.7      6.2 109.0  19:17 (  0, 89)  

* C/2001 B2 ( NEAT )


緩やかに減光中で、3月まで18等より明るい。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   8 52.26   27 57.7   7.311   8.269   165   17.6     10.9 292.3  23:38 (  0, 83)  
Feb. 15   8 47.01   28 25.2   7.379   8.304   158   17.6     10.4 290.9  23:06 (  0, 83)  

* 2002 CE10


彗星のような軌道を持つ小惑星。2003年9月上旬に、衝の位置で15.7等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Feb.  8   2  5.99   51 52.2   2.271   2.481    90   17.8     28.2 207.0  19:00 (136, 62)  
Feb. 15   1 58.19   49  6.8   2.372   2.442    82   17.8     23.7 201.5  19:06 (128, 56)  

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.