今週の明るい彗星 (2001年12月15日:北半球版)

English version
Home page
Updated on December 17, 2001
先週 南半球版 来週

最適時刻と方位・高度は、北緯35度の地点での値です。

彗星ランデブーカレンダー最近の彗星画像もご覧下さい。

---------------------------------------------------------------------

* C/2000 WM1 ( LINEAR )


11月に入ってから急激に増光し、5.5等に達したが、11月下旬からは停滞している。まもなく、日本からはいったん見えなくなり、2月末に明け方の空に現れる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  23 47.15  -35 19.1   0.420   1.002    80    5.6    134.2 216.3  18:20 (  3, 19)  
Dec. 22  23  4.79  -44 58.6   0.527   0.889    64    5.7     86.3 223.6  18:23 ( 15,  7)  

* 96P/Machholz 1


すでに充分明るいはずだが、今回帰はまだ観測されていない。南半球でも低くなる。日本からは、近日点通過後の1月末に明け方の空に現れるが、12等以下のため眼視観測は不可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  18 54.86  -45 48.5   1.508   0.795    28   12.5     29.2  62.9  18:20 ( 44,-15)  
Dec. 22  19 12.74  -43 49.9   1.353   0.624    25   11.3     35.5  52.8  18:23 ( 47,-16)  

* 19P/Borrelly


ピークを過ぎて減光中だがまだ明るい。条件の良い位置で暗くなるまで観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  12  7.53   35 53.7   1.286   1.703    96   11.8     28.8  63.7   5:29 (262, 77)  
Dec. 22  12 21.54   37 26.1   1.282   1.748   100   12.0     26.1  58.2   5:33 (252, 80)  

* P/2001 Q6 ( NEAT )


11月には11等だったが、12月には12等と減光中。拡散状。今後は減光していくが、日本からはずっと観測可能。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  18 20.07   62 24.1   1.175   1.483    86   12.3      7.2 185.4  18:20 (147, 33)  
Dec. 22  18 19.76   61 51.1   1.233   1.514    85   12.7      2.4 181.2  18:23 (147, 30)  

* P/2001 MD7 ( LINEAR )


予想より明るく、12等台に達している。2002年4月まで夕空に位置する。今後は急激に減光する可能性がある。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  22 59.60  -23  1.1   1.103   1.268    74   12.3     58.6  68.6  18:20 ( 15, 31)  
Dec. 22  23 26.96  -20 20.6   1.127   1.285    74   12.5     59.5  66.2  18:23 ( 17, 33)  

* C/2000 SV74 ( LINEAR )


2002年9月までずっと13等で見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  23  6.00   55 37.7   3.368   3.757   105   12.8      7.4 227.1  18:20 (161, 68)  
Dec. 22  23  2.45   55  5.4   3.419   3.737   101   12.8      5.3 218.3  18:23 (150, 65)  

* C/2001 W2 ( BATTeRS )


新彗星。12月8日頃バーストを起こして11等まで達したが、15日には13等まで減光し、拡散してきている。まもなく日本からは見えなくなる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  19  5.00    2 34.2   1.709   1.060    34   13.1     52.0 150.0  18:20 ( 82, 15)  
Dec. 22  19 16.49   -2 21.9   1.813   1.050    27   13.2     46.1 149.6  18:23 ( 81,  9)  

* 29P/Schwassmann-Wachmann 1


観測不可能。2001年4月には再び明け方の空に現れる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  19 27.39  -24 34.9   6.739   5.878    26   13.9     11.6  77.9  18:20 ( 57,  3)  
Dec. 22  19 33.27  -24 17.4   6.783   5.876    21   13.9     11.9  77.6  18:23 ( 61, -1)  

* C/2001 X1 ( LINEAR )


新彗星。1月に13.7等に達するが、1月中旬以降は、日本からは南の空にかなり低い。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  12 14.24   -8 51.4   1.698   1.750    76   14.6     38.9 204.1   5:29 (336, 43)  
Dec. 22  12  5.04  -13 18.8   1.548   1.742    83   14.4     47.1 209.4   5:33 (350, 41)  

* 2001 TX16


新小惑星。1月から2月にかけて地球に接近し、13.8等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   8 40.36   28 30.4   0.607   1.487   137   14.7     27.7  66.4   3:06 (  0, 83)  
Dec. 22   8 53.39   29 51.9   0.568   1.470   141   14.5     26.2  62.2   2:51 (  0, 85)  

* C/1999 Y1 ( LINEAR )


12等台とも観測されている。日本からは二度と見えない。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  21 16.65  -50 54.1   4.540   4.000    51   14.6      3.5  40.0  18:20 ( 24, -3)  
Dec. 22  21 18.69  -50 36.6   4.651   4.040    46   14.7      4.0  54.8  18:23 ( 28, -5)  

* C/1999 U4 ( Catalina-Skiff )


2002年秋までずっと15等で観測可能だが、CCDでは16等台と暗い。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  11 27.25   73 21.1   4.469   4.929   112   14.7      7.4  36.2   5:29 (183, 52)  
Dec. 22  11 33.46   74  3.1   4.446   4.934   114   14.7      6.8  27.0   5:31 (180, 51)  

* C/2000 CT54 ( LINEAR )


12月から1月にかけて、日本からも夕空低くに見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  22 51.08  -41  8.2   3.840   3.588    67   15.0     21.0  28.0  18:20 ( 13, 13)  
Dec. 22  22 57.33  -38 59.9   3.949   3.620    63   15.1     21.0  30.5  18:23 ( 18, 13)  

* 15P/Finlay


今回帰はまだ観測されていない。4月まで16等より明るいが、観測条件は極めて悪く、夕方の超低空に位置し続ける。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  19 22.61  -24 20.7   2.090   1.278    25   15.7     49.5  81.7  18:20 ( 58,  2)  
Dec. 22  19 48.18  -23 20.7   2.050   1.226    24   15.4     52.2  79.2  18:23 ( 59,  2)  

* 16P/Brooks 2


7月からずっと16等を保っていた。その後は減光するはずだったが、逆に明るくなり、15等になっている。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   4 51.82   12 44.7   1.263   2.231   166   15.5     11.4 270.0  23:14 (  0, 68)  
Dec. 22   4 46.84   12 47.9   1.316   2.263   159   15.7      9.4 275.6  22:41 (  0, 68)  

* 65P/Gunn


衝になる2002年春には15等になる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  11 39.54   14  8.2   3.448   3.641    93   16.2      8.3  92.7   5:29 (337, 68)  
Dec. 22  11 43.22   14  8.1   3.326   3.621    99   16.1      6.9  86.8   5:33 (355, 69)  

* C/2001 N2 ( LINEAR )


2002年7月に14.5等に達する。1月にいったん見えなくなるが、すぐに明け方の空に現れる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  20  9.86   16 57.7   4.132   3.675    56   16.2      8.0 162.5  18:20 ( 85, 37)  
Dec. 22  20 11.25   16  8.5   4.169   3.629    50   16.2      7.2 153.1  18:23 ( 89, 30)  

* C/1999 T2 ( LINEAR )


明け方の空に現れて来た。2002年4月までほぼ一定光度を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  13 37.28   -8 28.0   5.191   4.735    57   16.3      6.2 169.3   5:29 (313, 33)  
Dec. 22  13 37.56   -9  9.5   5.127   4.782    64   16.3      5.8 179.8   5:33 (321, 37)  

* C/2000 OF8 ( Spacewatch )


ずっと南半球の空にいたが、日本からも明け方の空に現れて来た。2002年2月までほぼ一定光度を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  12  1.43  -23 17.9   2.743   2.650    74   16.4     13.3 272.3   5:29 (345, 30)  
Dec. 22  11 53.82  -23 10.2   2.641   2.695    82   16.4     16.9 275.8   5:33 (355, 32)  

* 2001 OG108


周期50年の新小惑星。2002年4月に地球に0.55AUまで接近し、14等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  21 39.14   22 29.6   1.661   1.713    75   16.7     10.2 286.2  18:20 ( 77, 58)  
Dec. 22  21 34.95   22 55.7   1.689   1.633    69   16.6      8.3 304.0  18:23 ( 84, 51)  

* P/2001 Q2 ( Petriew )


急激に減光して16.4等になった後、11月27日には14.7等まで増光している。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  10 42.09  -11 54.5   1.262   1.680    95   16.6     10.4 155.6   5:07 (  0, 43)  
Dec. 22  10 43.14  -12 53.7   1.251   1.746   102   17.0      7.5 179.0   4:41 (  0, 42)  

* P/2001 R1 ( LONEOS )


3月まで、夕方の空で16.5等で見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  22 35.53  -11 45.8   1.510   1.544    73   16.8     34.7  59.8  18:20 ( 26, 40)  
Dec. 22  22 50.31   -9 39.3   1.527   1.509    70   16.7     37.2  60.0  18:23 ( 32, 40)  

* C/2001 RX14 ( LINEAR )


2003年2月に10.5等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   1  9.70   21 58.2   4.187   4.763   120   16.9      3.6 253.4  19:33 (  0, 77)  
Dec. 22   1  8.37   21 52.6   4.227   4.704   113   16.9      2.0 252.8  19:04 (  0, 77)  

* 51P/Harrington


12月6日にA核、D核の2つに分裂しているのが発見された。2つの核はともに16.5等前後とかなり明るくなっている。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   5 17.06   13 56.7   1.422   2.398   170   16.9     15.5 282.6  23:39 (  0, 69)  
Dec. 22   5 10.15   14 21.9   1.478   2.442   164   17.2     14.0 285.7  23:04 (  0, 69)  

* C/1999 K5 ( LINEAR )


最近の観測が無いが、2000年7月の近日点通過後、1年近くもほとんど減光しない状態が続き、5月にもまだ15等前後だった。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   7  8.34  -20  5.4   5.052   5.740   130   16.9     11.2 288.3   1:35 (  0, 35)  
Dec. 22   7  2.94  -19 37.0   5.056   5.786   134   17.0     12.0 292.5   1:02 (  0, 35)  

* C/2001 B2 ( NEAT )


2002年3月まで17等で一定光度を保つ。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  10 42.64    3 49.6   6.046   6.330   102   16.9      7.1 306.2   5:08 (  0, 59)  
Dec. 22  10 39.65    4 21.0   5.948   6.357   110   16.9      8.5 304.4   4:38 (  0, 59)  

* C/2001 HT50 ( LINEAR-NEAT )


明け方の空に現れて来た。2003年2月に12.4等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  11 53.24  -12 57.1   6.112   6.013    79   17.2      3.2 227.0   5:29 (344, 41)  
Dec. 22  11 51.81  -13 11.1   5.936   5.962    86   17.1      4.1 243.3   5:33 (355, 42)  

* 116P/Wild 4


2003年春に10.5等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   6  9.68   28 11.3   2.333   3.306   169   17.3     12.0 274.4   0:36 (  0, 83)  
Dec. 22   6  3.15   28 16.3   2.300   3.281   175   17.1     12.6 272.4   0:02 (  0, 83)  

* 124P/Mrkos


2002年春の夕空で15.5等に達する。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   4 16.60   69 42.9   1.760   2.529   132   17.3     15.0 268.3  22:38 (180, 55)  
Dec. 22   3 57.25   69 25.7   1.733   2.487   130   17.2     14.4 252.9  21:51 (180, 56)  

* 110P/Hartley 3


2002年2月まで17等を保つが、南に低い。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  11 58.34  -10 26.1   2.946   2.929    79   17.2     14.9 129.9   5:29 (342, 43)  
Dec. 22  12  3.37  -11 31.2   2.870   2.949    84   17.2     13.3 132.8   5:33 (351, 43)  

* (3200) Phaethon


2002年4月に近日点を通過するが、今回帰は条件が悪く、近日点通過前に17等止まり。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   2 23.69   31  9.0   1.112   1.959   138   17.3     37.5 233.9  20:45 (  0, 86)  
Dec. 22   2  9.00   28 34.4   1.137   1.908   128   17.4     32.5 228.2  20:03 (  0, 83)  

* 31P/Schwassmann-Wachmann 2


1月から2月にかけて17等で見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   9 34.30   15 42.6   2.783   3.411   122   17.4      1.4  42.8   4:00 (  0, 71)  
Dec. 22   9 34.27   15 52.4   2.700   3.410   129   17.3      2.1 329.1   3:32 (  0, 71)  

* 7P/Pons-Winnecke


今回帰はまだ観測されていない。初観測のチャンス。5月から6月にかけて、11.5等に達するまで、ずっと明け方の空で増光していく。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  13 43.28   10 33.8   2.320   2.100    64   17.7     32.5 102.4   5:29 (294, 46)  
Dec. 22  13 58.52    9 45.7   2.204   2.047    67   17.4     33.3 101.6   5:33 (299, 49)  

* P/1993 K2 ( Helin-Lawrence )


2001年初めには予報光度は18等だったが、検出されなかった。実際には20等以下の可能性が高い。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  13 32.45   -0  2.4   4.009   3.652    62   17.5     15.5 105.9   5:29 (307, 41)  
Dec. 22  13 39.26   -0 30.5   3.899   3.635    67   17.4     14.7 104.7   5:33 (314, 44)  

* 44P/Reinmuth 2


減光中。1月には18等以下となる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   5  6.59   29  5.7   1.968   2.946   172   17.5     13.5 255.3  23:28 (  0, 84)  
Dec. 22   4 59.95   28 40.6   2.017   2.980   165   17.6     12.4 252.5  22:54 (  0, 84)  

* C/2001 W1 ( LINEAR )


新彗星。現在がピーク。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   6 27.15   26 53.9   1.434   2.402   166   17.6     67.6 302.8   0:55 (  0, 82)  
Dec. 22   5 55.52   30 57.7   1.421   2.400   172   17.6     69.0 298.5  23:47 (  0, 86)  

* P/2001 T3 ( NEAT )


減光中。1月には18等以下となる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   1 18.35   -0 14.0   1.965   2.539   114   17.6     12.8  15.7  19:41 (  0, 55)  
Dec. 22   1 20.57    1 14.1   2.036   2.530   108   17.7     14.2  25.3  19:16 (  0, 56)  

* (10199) Chariklo


5月まで、17.5等で高度45度の位置に見える。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  10 48.94  -10 24.3  12.987  13.111    95   17.7      1.9 176.3   5:14 (  0, 45)  
Dec. 22  10 48.88  -10 36.7  12.872  13.109   101   17.6      1.7 193.1   4:47 (  0, 44)  

* P/2001 Q5 ( LINEAR-NEAT )


減光中で、12月下旬には18等以下になる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   1 23.79   24 28.9   1.776   2.468   124   17.7      6.0 110.2  19:47 (  0, 79)  
Dec. 22   1 27.32   24 17.5   1.875   2.495   118   17.8      8.2  98.3  19:23 (  0, 79)  

* P/2001 R6 ( LINEAR-Skiff )


減光中で、12月下旬には18等以下になる。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15   0 58.20   -7 44.6   1.651   2.153   106   17.7     20.9  30.8  19:22 (  0, 47)  
Dec. 22   1  3.76   -5 38.6   1.734   2.164   102   17.8     22.1  35.7  19:00 (  0, 49)  

* 77P/Longmore


今回帰はまだ観測されていない。2002年春に16等止まり。
Date(TT)  R.A. (2000) Decl.   Delta     r    Elong.  m1    Mot.(') p.a.  Best Time(A, h)  
Dec. 15  11 29.17   29  4.6   2.498   2.857   101   18.1     10.1  91.7   5:29 (317, 82)  
Dec. 22  11 34.06   29  5.4   2.390   2.833   106   17.9      8.2  86.3   5:32 (  0, 84)  

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.