ニート彗星

246P/NEAT

English version
Home page
Updated on May 15, 2016

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

2004年に発見された新しい周期彗星。

離心率が0.29と小さく、かつ、増減光も 7.5 log r と緩やかなため、遠日点でも18等と明るく、軌道の全周で観測できる。

木下一男氏の計算では、2001年7月に木星に接近し、近日点距離が3.8AUから2.9AUへと小さくなった。しかし、木下一男氏の計算では、2024年7月に再び木星に接近し、再び近日点距離が3.5AUまで遠ざかってしまう。太陽に近づくのは、ここ200年間のうち、2005年、2013年、2021年のたった3回だけである。

今の明るさから考えると、2001年より前からずっと、遠日点でも18等、近日点では16等と明るかったことになる。それが、2004年まで発見されなかったことを考えると、太陽に近づくようになったために、彗星が活発になったのかもしれない。

2024年を過ぎると、再び16等止まりとなる。だが、活動が収まれば、もっと暗くなるかもしれない。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2021/02/22
* 246P/2010 V2
2013/01/28
! 246P/2004 F3
2005/01/04
+
1996/01/02

---------------------------------------------------------------------

過去と未来の軌道要素は木下一男氏によって計算されている(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmt/k04f3.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.