リニア彗星

187P/LINEAR

English version
Home page
Updated on March 12, 2017

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

1999年に発見された新周期彗星だが、次の2008年の回帰には2等も暗くなっていた。

木下一男氏の計算では、1952年以降、近日点距離は3.6〜3.7AUで、ほとんど変化していない。そのため、彗星の光度も本来は安定しているはず。

1999年の出現では、発見から1年後の2000年にも、発見時とほぼ同じ明るさだったはずだが、観測されていない。よって、1999年にバーストで一時的に増光していた可能性もある。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
* 187P
2018/05/26
* 187P/2007 E3
2008/10/06
! 187P/1999 J5
1999/05/12

---------------------------------------------------------------------

過去と未来の軌道要素は木下一男氏によって計算されている(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmt/j99j5.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.