ミュラー第5彗星

173P/Mueller 5

English version
Home page
Updated on September 19, 2009

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

発見時には、1993年に彗星として発見される1年も前から小惑星1992 YF5として発見されており、近日点(1994年9月)の2年も前から、長い間、17等の明るさで見えていた。ところが、近日点通過直後の1995年2月が最終観測で、その後は条件は悪くないのにも関わらず、観測されていない。また、最終観測の光度は、核光度とはいえ、21等とかなり暗いものだった。

次の2008年の回帰でも、近日点の3年近くも前に検出され、その時点ですでに18等と明るかった。近日点の1年半前(2006年暮れ〜2007年初め)には、16.5〜17等と明るく観測された。ところが、近日点通過まで半年ほどに迫った2007年秋には、19等前後と、かなり暗くなってしまった。

1994年と2008年の光度変化は、きわめて良く一致している。そのため、近日点距離が4.2AUとかなり遠方の彗星だが、近日点に対してかなり非対称な光度変化をしており、近日点を前にして消えてしまうタイプの彗星の可能性がある。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2021/12/16
* 173P/2005 T1
2008/05/18
! 173P/1993 W1
1994/09/12

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0173p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.