スペースウォッチ彗星

125P/Spacewatch

English version
Home page
Updated on March 1, 2014

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

近日点を通過した後の減光期の観測が少ないため、減光の様子は不確かだが、縦軸に日心光度をとると、一直線に増光し、一直線に減光していくような光度曲線となる。

1996年と2007年の出現で、ほぼ同じ光度変化を示した。近日点の前後で、急激な増減光を見せるタイプの彗星と思われる。これは、26P/Grigg-Skjellerup や 118P/Sheomaker-Levy 4 と同じ傾向である。但し、この彗星は、近日点を20日ほど過ぎてから最大光度となる。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2018/08/27
* 125P
2013/02/16
* 125P
2007/08/10
* 125P
2002/01/28
* 125P/1996 F1
1996/07/14
! 125P/1991 R2
1990/12/22

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
過去と未来の軌道要素は木下一男氏によって計算されている(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0125p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.