シューメーカー-ホルト第2彗星

121P/Shoemaker-Holt 2

English version
Home page
Updated on October 27, 2012

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

近日点を過ぎて145日も経った頃に最大光度となる、極めて特異な光度変化を見せる。1989年に、近日点を過ぎて半年以上経ってから発見されたのは、この特徴が原因。

木下一男氏の計算では、1984年に木星に接近し、近日点距離が3.25AUから2.65AUと小さくなった。ここ数百年で最も太陽に近づくようになり、発見された。

1988年、1996年、2004年の3回の出現では、最大光度が1等ずつ暗くなっていった。但し、近日点通過の145日後に最大光度となる特徴には、変化は無かった。

木下一男氏の計算では、2008年に再び木星に接近し、近日点距離が3.75AUと、大幅に大きくなってしまう。次回2013年からは、19等以下と極めて暗くなる。

近日点に対して非対称な光度変化をするにも関わらず、木下一男氏の計算では、非重力効果は見られない。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
* 121P
2013/09/08
* 121P
2004/09/01
* 121P/1995 Q3
1996/08/20
! 121P/1989 E2
1988/08/07

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0121p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.