ヘリン-ローマン-アルー第1彗星

117P/Helin-Roman-Alu 1

English version
Home page
Updated on May 8, 2017

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

離心率は0.2ほどの円に近い軌道ながら、近日点を通過した後、かなり日数が経ってから最大光度となる。

1997年の回帰では、近日点を通過してから1年近くも経った頃に最大光度に達した。1989年の発見時も、すでに1987年10月に近日点を通過してから2年も経っていた。

木下一男氏の計算では、2回の出現の後、2002年に木星に0.68AUまで接近し、近日点距離が3.7AUから3.0AUへと小さくなった。

その次の2005年の回帰でも、近日点通過の約5ヶ月後に最大光度となった。太陽に近づくようになったため、近日点と最大光度との日数の差は縮まったが、近日点に対して非対称な光度変化の性質は残っている。

木下一男氏の計算では、21世紀の末に木星に連続して接近し、近日点距離が大きく変化する。それまでは、ほぼ今の軌道を保つ。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2022/07/07
* 117P
2014/03/27
* 117P
2005/12/19
* 117P
1997/03/26
! 117P/1989 T2
1987/10/12

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0117p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.