ヘリン-ローマン-クロケット彗星

111P/Helin-Roman-Crockett

English version
Home page
Updated on November 1, 2014

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

ほぼ円軌道を動いており、常に20等以下と暗い。

だが、1989年にはバーストを起こし、14.7等まで異常に明るくなったところを発見された。

木下一男氏の計算では、1976年に木星に0.012AUまで大接近した。1989年のバーストは、この接近の影響かもしれない。2071年には、再び木星に0.037AUまで大接近する。

二度の木星への大接近では、しばらく木星を周回する軌道を動く。だが、近日点距離や離心率はあまり変わらず、今後とも常に20等以下と暗いまま。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2021/06/15
* 111P
2013/01/30
* 111P
2004/12/27
* 111P
1996/10/31
! 111P/1989 A2
1988/09/13

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0111p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.