チェルヌイフ彗星

101P/Chernykh

English version
Home page
Updated on August 7, 2007

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

1977年の発見時は眼視でも明るく見えた。だが、次回の1992年の回帰では、近日点距離が2.56AUから2.36AUへと小さくなったにもかかわらず、約3等も暗くなってしまった。発見時の明るさは、一時的なバーストだったと思われる。

1992年と2005年は、ほぼ同じ明るさで、CCDでは暗い。ただ、一部の眼視観測者は、CCDよりもかなり明るく観測している。

暗くなってしまった1992年の出現で、2つの核に分裂しているのが観測された。2005年の回帰でも、2つの核が観測されている。

中野主一氏によれば、2005年に観測されたB核は、1992年のB核が戻ってきたものである(NK 1298B)。1992年と同じ明るさで観測されており、将来に渡って、2つの核が一緒に回帰し続けると思われる。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
.
2020/01/12
* 101P
2005/12/25
* 101P/1991 L1
1992/01/25
! 101P/1977 Q1
1978/02/14

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0101p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.