本田-ムルコス-パイドゥシャーコヴァー彗星

45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova

English version
Home page
Updated on November 13, 2016

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

近日点距離が0.5〜0.6AUとかなり太陽に近づくが、近日点の近くでも増減光が急激である。

近日点に対して強く非対称な光度変化をする。近日点通過の前は、30 log r という極めて速いペースで増光し、短期間に一気に明るくなる。近日点通過の後は、減光のペースは 15 log r と、やや緩やかになる。

木下一男氏の計算では、地球や木星にたびたび接近するが、軌道の形はほとんど変わらない。

木下一男氏の計算では、今後、2011年8月と2017年2月に、地球に0.1AU以内まで大接近する。接近するのは近日点を通過してから約1ヶ月半後なので、彗星は拡散状ながらも明るく見えるだろう。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
* 45P
2016/12/31
* 45P
2011/09/28
* 45P
2006/06/29
* 45P
2001/03/29
* 45P
1995/12/25
* 45P
1990/09/12
* 45P
1985/05/23
* 45P
1980/04/11
* 45P
1974/12/28
* 45P
1969/09/22
* 45P
1964/07/06
-
1959/04/22
* 45P/1954 C1
1954/02/05
! 45P/1948 X1
1948/11/17

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
1959年の近日点通過日はMinor Planet & Comet Ephemeris Serviceで計算したもの。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
過去と未来の軌道要素は木下一男氏によって計算されている(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0045p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.