エンケ彗星

2P/Encke

English version
Home page
Updated on August 29, 2015

---------------------------------------------------------------------

・ プロフィール

近日点の近くで急激に明るくなるタイプの彗星。光度変化は非対称で、近日点通過前の方が明るい時期が長い。

特に近日点通過前の急激な増光は著しい。近日点の3ヵ月前になって急に明るくなり始め、2ヵ月で6〜7等も増光し、一気に眼視で見えるようになる。その後は増光が緩やかになり、1ヵ月半ほど明るい状態で見え続ける。

近日点を通過した後も、しばらくは減光は緩やかだが、20日ほど過ぎると、急激に暗くなり始める。近日点前の増光ほどではないが、減光も急激で、近日点から3ヵ月が経つと、元の暗い状態に戻る。

これ以外の時期は、ほぼ小惑星状で、18〜20等とたいへん暗い。

北半球では、近日点を通過する前を観測できる。南半球では、近日点を通過した後を観測できる。この彗星を観測するには、北半球の方が条件が良い。

北半球では、9月から2月の間に近日点を通過すると眼視で見える。特に、12月中旬〜下旬に近日点を通過すると、地球に接近して、6.5等まで明るくなる。観測の条件も非常に良くなる。一方、4月から8月の間に近日点を通過すると、明るい時期にはほとんど観測できない。

南半球では、1月から8月の間に近日点を通過すると眼視で見える。但し、北半球と違って、最大光度は8等が限界である。一方、9月から12月の間に近日点を通過すると、明るい時期にはほとんど観測できない。

木下一男氏の計算では、18世紀の半ばから、21世紀の末まで、軌道はほとんど変化しない。

しかし、この彗星は次第に衰退しつつある。19世紀初めの発見当時は、彗星の明るさは現在より4等も明るかった。最大3.5等になって、肉眼でもアンドロメダ大星雲と同じ明るさに見えた。現在では、最大でも6.5〜7等にしかならない。

・ 回帰記録

!発見 *出現 -観測されなかった回帰 #発見前の出現 +発見前の観測されなかった回帰 .将来の回帰
* 2P
2017/03/10
* 2P
2013/11/21
* 2P
2010/08/06
* 2P
2007/04/19
* 2P
2003/12/29
* 2P
2000/09/09
* 2P
1997/05/23
* 2P
1994/02/09
* 2P
1990/10/28
* 2P
1987/07/17
* 2P
1984/03/27
* 2P
1980/12/06
* 2P
1977/08/17
* 2P
1974/04/28
* 2P
1971/01/09
* 2P
1967/09/22
* 2P
1964/06/03
* 2P
1961/02/05
* 2P
1957/10/19
* 2P
1954/07/02
* 2P
1951/03/16
* 2P
1947/11/26
-
1944/08/06
* 2P
1941/04/17
* 2P
1937/12/27
* 2P
1934/09/15
* 2P
1931/06/03
* 2P
1928/02/19
* 2P
1924/10/31
* 2P
1921/07/13
* 2P
1918/03/24
* 2P
1914/12/05
* 2P
1911/08/19
* 2P
1908/05/01
* 2P
1905/01/12
* 2P
1901/09/15
* 2P
1898/05/27
* 2P
1895/02/05
* 2P
1891/10/18
* 2P
1888/06/28
* 2P
1885/03/08
* 2P
1881/11/15
* 2P
1878/07/26
* 2P
1875/04/13
* 2P
1871/12/29
* 2P
1868/09/15
* 2P
1865/05/28
* 2P
1862/02/06
* 2P
1858/10/18
* 2P
1855/07/01
* 2P
1852/03/15
* 2P
1848/11/26
* 2P
1845/08/10
* 2P
1842/04/12
* 2P
1838/12/19
* 2P
1835/08/26
* 2P
1832/05/04
* 2P
1829/01/10
* 2P
1825/09/16
* 2P/1822 L1
1822/05/24
! 2P/1818 W1
1819/01/27
+
1815/10/13
+
1812/06/26
+
1809/03/12
# 2P/1805 U1
1805/11/21
+
1802/08/02
+
1799/04/11
# 2P/1795 V1
1795/12/21
+
1792/09/04
+
1789/05/19
# 2P/1786 B1
1786/01/31

---------------------------------------------------------------------

過去の出現の近日点通過日はCatalog of Cometary Orbits 1996に掲載されたもの。
1944年の近日点通過日はMinor Planet & Comet Ephemeris Serviceで計算したもの。
1789年から1815年までの観測されなかった回帰の近日点通過日は木下一男氏の計算によるもの(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0002p.htm)。
発見事情と歴史はGeneral Comet Info (Gary W. Kronk)にある。
木下一男氏の計算による過去と未来の軌道要素(http://www9.ocn.ne.jp/~comet/pcmtn/0002p.htm)。

---------------------------------------------------------------------

Copyright(C) Seiichi Yoshida (comet@aerith.net). All rights reserved.